PP加工のできる外注業者をお探しではありませんか?

弊社は印刷会社様や製本会社様・パッケージなどの紙器メーカー様からPP加工(PP貼り加工)の依頼を受ける、PP加工の下請け業者です。

PP加工の専門業者の数は多くありません。地方によっては、近隣に1社も無いという県もあるのが現状です。

 

弊社はそういった遠方のお客様のご要望にも極力お応えすべく、豊富なサイズ幅のフィルム在庫や特殊フィルムを持ち、一般的なPP加工であれば印刷物が弊社に到着後、すぐに加工に着手、当日中に発送し、宅急便で本州なら翌日には高品質・低料金の加工品をお客様の元にお届けする、PP加工サービスを行っております。

 

また、こういったお悩みごとにもお応えしております。

 

KN165_72A

1.オンデマンド印刷(デジタル印刷)をした用紙へのPP貼り

2.印刷校正品などの、10枚程度の小ロット品へのPP貼り

3.菊全、半裁などの洋紙規格ではないサイズの印刷物へのPP貼り

4.他の加工業者で断られてしまった薄い紙や厚い紙、ユポなどの耐水紙へのPP貼り

KN165_72A

 

他にも、通常のマットPPでは擦った際のキズが目立つことでお困りの方へ、耐キズ用のマットPPの加工や、キズに強いだけでなく手触り自体もビロード調で更なる高級感を付与できるベルベットPP加工など、多様な特殊フィルムも扱っており、何か既存のPP加工でお困りのことがあれば、気軽にお問い合わせ下さい。

 

また、PP加工以外にも、カードサイズから大判サイズにも対応可能な「ラミネート加工」、学校や農協などで今も幅広く使用されている硬質塩ビの「下敷き加工」、クリアファイルへの名入れや名刺などの印刷物への「箔押し加工」なども扱っております。

 

PP加工だけの為に刷本を送るのは横持ち費用ばかり掛かって困る、という方には、印刷から製本・合紙や抜き加工など、近隣の協力会社でまとめて印刷物やパッケージを仕上げることも可能です。

 

外注先としてお役にたてると思いますので、先ずはお気軽にお問い合わせ下さい!

 

AR広告やPP加工で印刷物の付加価値を高めませんか?

ED154_L

ED154_L

競争の激しい印刷業界の中、ユーザー様からのコストダウン要望は普段から強いことと思います。

そういった流れの中、印刷物への表面加工、とりわけ光沢加工や美粧加工と言われるPP貼りは、コスト面から敬遠されがちだと思います。

ですが、付加価値とはどうしてもコストが掛かるものです。

そのかわり、コストに見合った良い商品が出来上がるのです。

 

競争の激しい時代だからこそ、他社より価格は高くなっても、ユーザー様にとって本当に満足できる商品を、貴社よりご提案して頂けないでしょうか?

 

PP加工は見た目の鮮やかさや高級感を演出するだけでなく、ニス引き(ニス加工)などと比較して、商品の耐久性や保存性を格段にUPさせることができます。

 

フィルム自体にも様々な特徴があり、「和紙PP加工」フィルムならば、穏やかで和テイストな見た目から、今後益々増えてくるインバウンド需要にも効果が期待できる他、指に吸い付くようなシルキーな触り心地が特徴的な「ベルベットPP加工」、無版デジタル印刷をした場合に使用する「オンデマンド印刷用PP加工」、擦った際のキズが目立つことがデメリットのマットPPの弱点を克服した「耐キズ用のマットPP加工」がなど多様な種類があります。

 

また、PP加工だけじゃなく、印刷物に今までにない付加価値を付けたいというユーザー様や、どうしても価格勝負になってしまう、という印刷会社様には、「AR広告」という新技術をご提案することもできます。

 

「AR広告」とは、印刷物に専用アプリを入れたスマホをかざすと、動画などが自動再生される技術であり、チラシやポスターだけでなく、パッケージや雑誌・冊子、名刺やカードなどに広がりつつある、「印刷物の新しいカタチ」です。

 

弊社ではPP加工やラミネート加工に留まらず、印刷物にAR広告機能を付与することも広い意味での「印刷物への表面加工」の一環であると考え、全国の印刷会社様から、印刷物へのAR広告の機能設定も、外注の下請けとして承っております。

 

「PP加工」や「AR広告」は多様な「 印刷+α 」が可能であり、価格だけにとらわれない価値あるご提案をすることができます!