耐キズ用マットPP加工

耐キズ用マットPP加工とは、一般的なマットPPフィルムの表面強度を、より強めたフィルムを使用したPP加工です。

 

マットPP加工は印刷物自体の耐久性を上げることができますが、フィルムの表面を擦った際にキズが付くことがあります。

 

これはマット調に加工したフィルムの表面層が、擦れなどによって剥がれてしまい、加工前の表面層が露出してしまう為です。

 

耐キズ用マットPP加工は、マット調でありながら擦れによるキズ付きを防ぐことで、マットPPによる印刷物やパッケージの高級感を損なうことなく演出し続けられるPP加工であり、見た目の仕上がりもマットPP加工とほとんど変わりません。

 

質感自体も思い切って変えたいということであれば、キズにも強く、かつビロード調の手触りが独特の「ベルベットPP加工」がおススメですが、

マット調の表面加工をしているけど、あくまで見た目や触感は変えずに、キズを付けないようにしたい、という案件には、この「耐キズ用マットPPフィルム」を使われると、問題点が解決されることだと思います。

 

カタログなどの商業印刷はもちろんですが、パッケージ印刷向けにも使われているフィルムになり、メーカーによってフィルムの呼称は異なりますが、「スカッフフリー」や「J Scratch(J スクラッチ)」、「耐マット」などと呼ばれています。

 

サイズによっては在庫が無い場合もありますので、加工ご依頼の際は事前にお問い合わせ下さい。

 

料金表へ


Copyright(C) 有限会社ナイトー All Rights Reserved.