下敷き加工(硬質塩ビ加工)

硬質塩ビ(下敷き)加工

硬質塩ビ(下敷き)加工

下敷き加工は、印刷物を100~300μ(0.1~0.3㎜)の硬質塩ビフイルム(PVC)やPETフィルムで両面から挟み込み、熱圧着する方法であり、これらを行うことで一般に言われる「下敷き」を作ります。

 

コート紙やユポなどに印刷済みの刷本を納入して頂き、硬質塩ビ加工やPET貼り加工を施した後に、A4やB5などの希望サイズに角丸断裁加工をして「下敷き」の状態で出荷します。

 

弊社は印刷会社ではありませんが、印刷からのご依頼もお受けしております。

 

フィルムの厚さは0.1㎜、0.15㎜、0.2㎜、0.25㎜、0.3㎜とあり、一般的には0.2㎜が多用されています。

 

小学校などの教育向けはもちろん、農業向けに果物の色見本としてや、製造業向けにマニュアルの整備としてなど、幅広い業界で利用されている他、広報用・販促用としても使われており、根強い人気がある商品です。

 

ラミネート(パウチ)加工では耳と呼ばれるフィルムのフチを付けることで防水の役目を果たしますが、下敷きの場合は耳は付かない為、防水性を上げたい場合はユポに印刷することをお勧め致します。

 

硬質塩ビ加工はPP加工やラミネート加工よりも光沢や強度に優れており、丈夫さを求められる下敷きには、より向いている加工となります。

 

料金表へ


Copyright(C) 有限会社ナイトー All Rights Reserved.