オンデマンド印刷用PP加工

無版デジタルプリントのような、オンデマンド印刷をした用紙に施すPP加工で、クリア(グロス)タイプとマット(艶消し)タイプがあります。

 

デジタル印刷は年々向上する高品質さなどから、小ロットの冊子などに多用されておりますが、折りや曲げによるベタ部分のトナー剥がれ(背割れ)などが起きやすいと言われます。

 

オフセット印刷においても背割れを防ぐ為にPP加工は効果的ですが、必須ではありません。

 

しかし、無版デジタル印刷をした、いわゆる「オンデマンド印刷」の冊子などには、PP加工は必須ではないかと弊社としては考えております。

 

それは、上記のような背割れが起きやすい印刷方法であると同時に、小ロットだからこそ、1冊1冊をきちんと長持ちさせるべきだと思うからです。

 

ですが、一般的なPPフィルムはオフセットインキに適応する仕様であり、デジタル印刷のトナーに適応する仕様になっていないことから、PP加工後にフィルムが剥がれるという問題が起きることがあります。

 

オンデマンド印刷(デジタル印刷)用PPフィルムはまだ世の中に出て日が浅く、通常在庫としての規格サイズは菊半と菊四サイズに対応したものしかないものの、フィルム剥がれの問題を減少させる為にメーカーが開発した専用PPフィルムです。

 

しかし、デジタル印刷をした印刷物でも、ベタ部分が少なければ通常のPP加工でも問題無いことも多く、同時にベタ部分が多い印刷物だと、オンデマンド印刷用PPフィルムを使用しても、まれに剥がれてしまう例もあります。

 

このように、加工後にフィルムが剥がれるという問題は印刷物の内容次第であり、一般的なPPフィルムとオンデマンド印刷用PPフィルムのどちらを使用するのかは、都度お問い合わせ下さい。

 

料金表へ


Copyright(C) 有限会社ナイトー All Rights Reserved.