窓貼りPP加工

窓貼りPP加工とは、印刷面の一部を抜き、その上にフィルムを貼ることで、箱の中の商品を確認することができる窓を作成する、主にパッケージ向けなどに利用されるPP加工です。

 

商品を直接見ることができることから、訴求力のあるパッケージに仕上がります。

 

通常のPPフィルムの他にも、サック貼り用PPフィルムやPET(ポリエチレンテレフタレート)フィルムタイプでも対応可能です。

 

他のPP加工とは異なる工程でもってフィルムを貼りますので、通常のPP加工と比べ、少し納期が掛かります。

 

料金表へ


Copyright(C) 有限会社ナイトー All Rights Reserved.